免許があれば誰でもできるアマチュア無線

「無線電波でGo!」は、今や連絡手段として必要不可欠となっている無線機(トランシーバーやインカム)について、ざっくばらんに解説しているサイトです。当サイト内でトランシーバーや無線機の購入はできませんので、無線機がご入り用の方は「通販 無線機」で検索してみるといいですよ。無線機に興味がある方、またそうでない方も一度覗いてみて下さい。

無線電波でGO! >>> 無線機の免許について

免許が必要なアマチュア無線

無線機は至る所で活躍している非常に便利な通信機器です。例えば大きな会場を警備している警備員は他の場所を警備している警備員とすぐに連携が取れるよう、インカムないしは小型の無線機を常備しています。警察においても制服の胸ポケットに小型の無線機があるのを見たことがある方も多いでしょう。CMで見かけるコールセンターの従業員はお客とのやり取りをインカムで行っていますし、レストランやホテルでも従業員同士の連絡の円滑・効率化のために腰に小さい無線機を備え付けています。このように数多くの業務において役に立っている無線機ですが、これら業務に使う無線機の殆どは免許を必要としない特定小電力トランシーバーとなっていることをご存じでしょうか。限定的な空間内、かつテレビやラジオといった公共の電波を阻害しない程度の電力で通信を行う特定小電力トランシーバーは誰でも気軽に使うことができます。しかし、無線機の中には公共の電波帯と重なったり何かしら影響する可能性がある通信を行うことができるものもあるので、こういった機器を使った通信に特殊な免許が必要となります。この免許が必要な無線はアマチュア無線と呼ばれており、小電力トランシーバーと比べて通信時の電力も大きく周波数の自由度が高くなっているのが特徴です。

アマチュア無線に必要となる免許

アマチュア無線を行うには二つの免許が必要となります。一つは「無線技士従事者免許」、もう一つは「アマチュア無線局免許状」です。無線技士従事者免許とは簡単に言えば特定の電波を発信する機器を自由に使うために必要な免許で、機器の使用面に限った内容となっています。対してアマチュア無線局免許状は、特殊な電波を発する無線機器の使用の際、然るべき機関にこの機器を登録しなくてはならず、無線機器による電波の送受信を行うために必要な免許となっています。アマチュア無線はいわば自分だけの局(周波数帯)を開設することであり、他の人でも周波数さえわかれば通信が可能になります。これを使って自分がDJになってラジオを放送する・・・ということも可能になります。アマチュア無線を始めるにはこれら二つの免許が必須で、片方だけ揃えているだけではアマチュア無線通信機器の使用はできません。